薦田典佳 | ライフワークバランスを意識した生活

薦田典佳 | ライフワークバランスを意識した生活

決められた就業時間内に仕事を終わらせるというのは、世界ではごく当たり前の事です。

ですが、なぜだか日本では、残業をすればするほど良いという風潮がはびこっています。

ワイフワークバランスという言葉がやっと日本でも意識されるようになってきました。

ですが、まだまだ日本では残業をして過労死をするという人が多いのが実情です。

会社で働く時間と、それ以外の自分のライフを生きる時間。

双方のバランスが取れず、仕事一色で人生が終わってしまう日本人の生き方は、とてもつらく、大変で、苦行のように感じられます。

なぜ便利なITが発達している日本で、残業はなくならないのでしょうか。

それはたくさん残業する事で、上司が評価するからです。

残業を沢山する人のほうが「出来る人間」であると誤った評価をされたり、どう調圧的に残業をしない人間に対して圧力をかけるような村社会的監視の臭いが日本にはあります。

ですがまず考えてほしいのは、残業をしないと終わらないという仕事量は、明らかに人材が足りていない事ゆえに起こります。

また、残業をしても片付かない仕事に対してモチベーションや意欲は湧いてきません。

会社は「残業」してくれる社員がいる事によって、会社の体質として本来改善していかなくてはならない課題を見過ごす事になるのです。

つまり、貴方がいつまでも甘んじて残業をし続けることは、会社の問題を隠蔽する事につながり、ためにはよくない事なのでさえあるのです。

残業には人生において多くのデメリットしかありません。

子供を産みたい女性社員の離職につながります。

子育てママ社員も残業があれば子供を保育園に迎えにいけません。

男性もそうです。

  • 残業ばかりで家庭を顧みる事ができずに、家庭内で孤立して居場所がなくなる。
  • 残業のせいで体調を崩す。
  • 人生の楽しみが見いだせない一生に閉塞感を感じる。

残業をしないライフワークバランス、働き方について、今一度日本人の意識を改革していかなくてはならない時代に差し掛かっているのです。